2005年08月21日

8/21 Gvレポ

宿無し、攻めでの開始です。
C3攻め→C3制圧→C3防衛→砦獲得成功
となります。

今回は、傭兵としてCartoon Heroesに来てもらいました。
作戦としては3MAPの防衛ラインを引き、順次ERを制圧する方針でした。

20:00、C3スタダ
開始と同時にC3を攻め、基本的にレース砦なのですんなりと制圧する予定が2点ほど問題発生。
Kaleidoscopeが防衛していた点と、Fortissimoが2MAP終わりにラインを引いていた点。
これにより3MAPへの集合の遅れとER制圧に多少の時間を要することに・・・
開始からのラグ多発のところにFFのラインでSG+FAってWIZにとってかなり痛いですね(’’

20:31、ER制圧
2MAPでのFFの排除をほぼ完了し、3MAPでの防衛線構築とカプラ封鎖を終わった頃、ちらほらと偵察がやってきました、中でもチャンプの出現は緊張が走ります。
C3の3MAPは構造上少しのラグでもあれば防衛ラインを抜けることが可能で、ましてや残影の場合ロキ上で抑えなければかなりの確率で抜けられてしまいます、実際、のプリがラインを抜けたようですが;
今回はロキ上で落とすことができたようです。

21:03、L1派兵
いくつかの敵勢力が消え段々落ちついて来た頃、L1への派兵が決定します、CHを派兵します。
しかし、何度かKaleidoscopeがカプラから奇襲してくるので挟撃されるのを防ぐためにHRで割り、ラインを再構築するためにCHを呼び戻すことに・・・
時を同じくしてHexagramが単独でやってきます、どうやらイベントで各地を回っていた模様。

21:26、vsJRAP
今回は各地を転戦していたらしいJRAPがやってきました。
旗復帰が防衛ラインの後ろにあるとしても、はっきり言って防衛がし辛いC3をJRAPから守りきるのはかなり困難だと思いました。
問題となるのは前衛から後衛までの近さと二手に分かれる通路です。
そこで進行速度を抑えるためにロキにQMかぶせることにしたのはいいんですが・・・
何故か即刻死んでる私_| ̄|○|||
C3の3MAP防衛は後衛を守れないことを身をもって体感する羽目に;

そして、何回かの突撃で相当削られていっているようですが、死に戻り組みはライン復帰がかなり困難なので1MAP防衛に切り替え。
またもここで問題発生、1MAP防衛の現場指揮官が居なかったために防衛箇所がバラバラで少数ならまだしも多数で来られた時にほとんど止めれない状態に陥りました。
進軍速度を鈍らせる効果はあるのですが攻めの要職を落とすようなことができずかなり厳しい戦況に・・・
献身もらいつつ必死に嫌がらせを続けていると、ソウルバーン阿修羅が飛んでくるように;
1MAP防衛で生きてる最長記録はソウルバーン1発、阿修羅3発もらうまででした(’’

そうこうしているうちに時間切れで終了となりましたが、防衛ラインはマズイ状態になっていたようです後衛がたやすく削られてしまう構造なので前衛が削られる以上に厳しい状態になり、ロキが何回か落ちていたという話なので防衛ラインとしての機能を終盤保っていたかどうかはかなり怪しい限りだったと思われます。

どうやらC3は様子見目的での制圧という意味合いが濃かったようですが、結果的に小規模勢力から多数攻められる結果になり身動きが取れないうちにJRAPが転戦してきた様です。
やはり、彼我の戦力と動向を調べ、攻め先の決定は慎重に期すべきだと思いました。

今週の反省点等
やはり1MAP防衛時のラインの構築がまったくできていない点がかなり響いていました。
防衛の経験が少ないのもさることながら対応できる現場指揮官の不在が痛いです、ラインの位置を報告していなかったのも問題です。
後、ロキ雷鳥の落とされる回数が多すぎなのはかなり問題が・・・
このことはたとえ砦を落とすことができても確保が難しいことを意味してしまいます。
本来するはずだったロキ雷鳥の人ではないということですが本来の人がラインにつけなかったりすると突発で代わりをすることは十分ありえるので最低でも武器破壊をされないようにはしてほしいものです・・・


posted by Fier at 22:00| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Gv | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。