2005年09月25日

9/25 Gvレポ

L4防衛での開始です。
L4防衛→L2派兵→L4防衛成功
となります。

今回は、4Bとしては珍しく2GほどRoad Of MoonTrixに傭兵としてに来てもらいました。

4Bとしては妙に長期間ですがL4の防衛から開始です(’’

20:00、防衛開始
スタダしてくる勢力も居ず、すんなり防衛ラインの構築が終了し、すぐさま偵察を出しますが今回は序盤から砦の全マップでとんでもなく重かった模様;;

Gv_20050925_01.jpg
↑20:10、L4ER

結局、序盤からの重力のため偵察も捗らず、さらに幻影RuinのB攻めでの戦況の変化の把握に時間を取られ派兵が遅れに遅れる事に・・・

20:40、L4アルカナ来襲
派兵のため最低限の防衛要員を残した4Bほぼ全軍にベースへの帰還指令が下りますが直後にアルカナ(GAST?)の数名が来たとの事ですぐさまL4へ呼び戻すことになったのですが、何故かL2のポタが出ていたとか;;
20:47頃に迎撃が完了し、改めて派兵を行いました。

20:54、L2派兵
派兵を開始し、アルカナJupiterとすんなり共闘が成立したのですが何故かアルカナJupiterは双方に潰し合っていた模様;

21:05、L2ER 4B突撃
派兵開始から9分後のこの時間から突撃を3〜4回ほど行いましたが、どうやら削れなかった模様、さらにカットラインを引いてないとか初歩的なミスが・・・
この後のL4への熊来襲の報告が入り最終的に全軍帰還することに。

Gv_20050925_02.jpg
↑21:33、L2ER

21:40、L4熊来襲
数は約30ほどとの報告でしたが、どうやら隊列が長く正確な数は把握しきれてなかったようです。
そして防衛のためBC21:44EmCを発動させましたが、結果的に局所的なラグが酷くなり相当数が同期落ちする破目になり、また重さのために帰還した人員がL4へ戻りきれない事態に・・・

Gv_20050925_03.jpg
↑21:53、L2ER
RSがEmC持ちなので削れてもすぐ復帰できたとのこと・・・

21:57、L4ER熊突撃
最後の最後での突撃が来ますが数度のEmCの影響で双方とも同期落ちが酷く悲惨な状態になりながら終了。
多少エンペを叩かれてたとの事・・・;

今週の反省点等
問題点の大半はスタラさん辺りが書いているような感じですがとりあえず分かり易いのを列挙。
 派兵選定の遅れ
 ポタ役への指示不足
 EmCの過信

派兵選定の遅れは、毎回行われていたV4攻めが今回から行われなくなり、さらに幻影Ruinの放棄攻めにより戦況が一変したので的を絞らず多方に目が向きすぎていたきらいがあり、派遣先での時間不足の原因になりました。
次にポタ役への指示不足は、L4へ引き戻す際にL2を出す様な事態を生んでしまい現場に混乱をもたらす結果に。
最後のEmCの過信は、EmCの使用経験がほとんどないところから来ているのですが、EmCの使用は防衛側にとっても使い方によっては諸刃に成り得ることを今回のGvで思い知らされました。
今回のGvは重さにつきるのでしょうが、L2攻めの失敗自体を重さのせいにするつもりはあまりありません、ラグも戦況を左右する要因だと考慮に入れて攻め先の検討した場合、L2を攻めきれるかどうかは最初から怪しい部分があり、4B側の予測の甘さから来ているものだと考えられるからです。

個人的感想っぽいもの?
週を追うごとに酷くなっていくラグのおかげでGvの環境がますます悲惨に・・・
このまま続けばRO人口の減少に繋がりそうですね(’’;
今回もまたほとんど出番なくGv終了しました_| ̄|○|||


posted by Fier at 22:00| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Gv | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。